コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

闇のシーン

闇のシーン

『龍馬伝』は、毎週欠かさず観ていますが、
物陰からのぞき見ているようなシーンや
闇の中に顔だけが隅っこの方に大写しになるシーンが
やたらと出てきます。
はっきりとよく見えないことで、
日本の夜明け前の、緊迫感がなんとなく伝わって
来るような気がしますね~。
闇が、ただの闇ではないというわけです。

ところで『龍馬伝』。
ヤマバの薩長同盟を龍馬が取り持つシーンです。
日本を変えていこうという思いは薩長ともに対等、
だからその一文を約定に入れることで、
犬猿の仲が丸く収まることになる…。
爽快な気分になるシーンでした。

なるほどね~。その手があったか。
対話することって、簡単なようで難しかったり
しますもんね。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

映像の世界では「闇」も有効な演出なんですね。
絵画では「余白」も大事ですよね。
と、『龍馬伝』は見るのを諦めた日向です。(^^;)
↑テレビをゆっくり観る時間が無くなっています。汗
 録画した分も溜まり過ぎて、削除されてますから。


夜八時頃にウォーキングをしているのですが
街中ではあまり「闇」と言う感じではないです。
山奥での生活を経験しているものですから
どうしてもそんな感覚になってしまいます。
懐中電灯等を持ち合わせしないと、夜道は歩けません。
「闇」の怖さがよく分かります。

だから月夜の晩の「月」の明るさが本当に嬉しく感じますよ。(^^)
星の明るさだって違います。

ウォーキングをしている私としては、街の明るさは有り難いです。
星は見え難いですけど。(^^;)


お互いの事をよく知るためにはやっぱり会って話さなきゃと
近年オフ会をしてよく実感します。(^^;)

そして人と会って話し合いをする事は簡単なようで、難しい・・。
民主党代表選出馬に関して、小沢氏と菅直人首相との対談の物別れも然り!?


いろはに。。。さんとの対話はコメント文ですが
出来るだけ日向の感想や気持ちが素直に伝わるように願っておきます。(^^ゞ

No title

日向日和さん、やさしいお気持ち、届いていますよ~。

ここのところ、ぼくの仕事のテーマもその対話なんです。
自治体のまちづくりだったり、社協の支えあいだったりですが、
担当者にヒアリングして
あるいは現場に取材に行って当事者にインタビューをして
皆さんの思いを引き出してまとめるわけです。
発行した印刷物で、その思いを伝えられれば、
また対話が生まれればいいな…という願いを込めて。

そういえば、以前にNHK「ようこそ先輩」で
ロンドンブーツの淳がインタビューのこつというのを
やっていました。
1 笑顔
2 「はいはいはい なるほど~」とうなずく
3 質問を5つ用意する
簡単なのでぼくも実践しています。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。