コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

惚れたが 始まり

惚れたが因果

バンクーバー五輪、始まりましたね~。
これから朝起きがたいへんそうです。

NHKでスキージャンプ選手、シモン・アマンの飛びの
秘密を探る番組を見ました。
「ぼくはジャンパーではなくフライヤー。
風を味方につけて鳥になるんです」と語ります。
なんだか「風の谷のナウシカ」みたいなセリフと思いましたが、
それはともかく
コーチお手製の器具を使った練習風景が
ムチャ楽しそうなのが印象的でした。
アマンは、昔からだが小さくスピードを競うスキーで挫折を
味わったそうですが、そのことがスキージャンプに
惚れ込む反動になったわけですから人生、分かりませんよね。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「惚れたが始まり」ってなかなか良い言い回しですね。
色んな事に当てはまりそうですよ。
そして何に惚れるかが問題です。笑 (^^ゞ

人や物に惚れたら、それが活力に繋がる。
人間って面白く創られているなぁと感心しきり。

その惚れるような「モノ」と如何にして出合うか・・
それも縁のひとつなんでしょうかね。


雪の多い地方に生まれていたら
きっと私もスキーは上手になっていただろうと思う。
(大学の授業で「スキー合宿」を選択したんだけれど
 なかなか良いセンスと度胸を持っていると褒められちゃいました。(*^^*)
 お世辞と分かってはいるけれど。(^^ゞ)
ここは雪の少ない県ではあるけれど
教え子の中にはスキーの国体選手になった子ども居るから
場所は関係ないかもね。笑


四年前のトリノ・オリンピック開催中、旦那は
胆嚢切除手術をし、入院中だったため
暇なものでずっとテレビ観戦していたらしく
その事も相まって感慨深げです。
手術後脂っこいものが苦手になってしまいました。
まっ。年齢的なものもあるんでしょうけど。(^^ゞ


それにしてもこのかるたのように
羽を携えたように飛びたいものです♪

ただ私の場合は着地した時の衝撃を想像すると・・怖い。
きっと大きな穴が開いていそうだ。。苦笑

No title

日向日和さん、いつも前向きなコメントでエネルギーを
ありがとうございます。
ひと目惚れでも、じわじわ惚れでも、
とにかく自分から行動に移さないと何にも始まりませんよね。
3日経つと忘れたりしちゃいますから。
(飽きっぽいとも呼ぶ)
そして、続けられるのは、
ぼくのばあい、やっぱりこの「コメント」のおかげです。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。