コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

牛も千里馬も千里

牛も千里
師走になると、なぜだかせわしなくなります。
買い物に行っても道路は渋滞するし。

そういえば最近気づいたのですが、
道路沿いのお店の入れ替わりが、激しくなっているようです。
数カ月ぶりに通ったバイパス沿いでは
「あれ、ここも変わっちゃったの?」
「ここは、このあいだまでコンビニじゃなかったっけ?」
と、まちのようすが様変わりしていたりしますから。
そのたびに、苦しい借金を背負わされている人が
増えているんじゃないかと思うと、せつない気分になります。
ぼくの友人にも、コンビニの店長をやっていて
借金にあえいでいる人がいて…。

表題の「牛も千里馬も千里」は、速さは違っても
目的は同じだから慌てることはない という意味ですが、
そうは言っていられないというのが現実なのでしょうか。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「牛も千里馬も千里」の心境には
なかなか到達出来そうにない日向です。(^^ゞ


車を運転していて、
隣の車線の方がスムーズに流れているように見えて
車線変更したものの、右折(或いは左折)する車があったりして
結局元の車線に居た車の方がずっと先に走ってるのをみかけると
ちょっと悔しくなってみたりする事・・しばしば。苦笑
ついつい焦ってしまうんですよねぇ。(^^ゞ

ちょっと偉そうに書くと(笑)
人生は、混み合う汽車の切符を買うために、
大勢の人々と一緒に窓口に列を作って立っているようなもの・・
と言ったのは明治の宰相、浜口雄幸だそう。

なかなか自分の番が来ない。
時間が迫ってきて焦り出す。そのうち隣の列が空いているように見える。
つい飛び出してみたくなる。
だが自分の列を離れたが最後、あっちこっちとさまよってみても、
そこにもまた順番がある。
しまったと気付いて元の列に戻ってきたら
前に居た自分の所に他人がいて、はるか後方へ回らなければならない。
結局、急いだがために、かえって遅れることになる。

道理では分かっていても、行動する段になると難しいものです。(^^ゞ


それにしてこの不景気・・何とかならないのでしょうか。
何もかもが「悪循環」している気がして。。
うちの会社も仕事は減る、儲けは薄いわで
いつまで頑張れるんかなぁとつい不安になってしまいます。
社長がどんなにか頑張っているのは
痛いほど分かるだけに辛いものを感じます。

娘たちのような若い世代の人たちには
もっと大変な時代を過ごさせたくないです。


おっと!湿っぽい話はこれ位にして。(^^ゞ
今年もあと半月で終わり。
心を引き締め、頑張って行きましょう!!
出来るならこの漫画の動物のように
楽しそうに走り抜けたいものです。(*^^*)

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。