コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

油断アクロバット

油断

ひと昔前まで、印刷物ができあがるまでには実に多くの時間と
人の手がかかっていました。
デザイナーが指定した指定紙は設計図のようなもので、
それを元に版下屋さんが写植を打ったり、
線を引いたりして版下を作り、
製版屋さんが、印刷色ごとに分けてフィルムの版を作り…。
自分の仕事に誇りをもった職人さんたちと
少しでもいいものを作ろうとチームを組んで作っていたものです。
ところが今はパソコンで作ったデータで
直接印刷用の版を作るようになったので、
印刷現場の顔が見えなくなりましたね。
何か問題が起きたときには「デザイナーが作った
データが悪い」で済まされてしまいます。
もう少し将来には、印刷分野に職人がいたことなんて
誰も知らない世の中になるかもしれないし、
印刷物そのものもなくなっているかもしれません。
刷りたての本を手にとったときのインキの匂いに
ワクワク胸を躍らせたことなんて、風前の灯ということなのでしょうか。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

教育実習中にガリ版で子どもたちに配る問題用紙を
印刷したのを懐かしく思い出しました。
時間もかかったし、印刷で汚れる事もしばしばだったけれど
何だか味わいがあって良かったなぁ。

実際現場に立ったときには、輪転機を使っていました。
(学校現場の規模にも因りましたから。)
今の教育現場ではどうなっているんだろう?
娘たちはもう学校から巣立ってしまいましたから。
PCで原稿自体が写真入りなんて当たり前なんだろうね。(^^ゞ

年賀状だって「プリントゴッコ」が画期的で活用したものだけど
今やPC印刷した年賀状が殆んどだから。
私は何となくあの色の出具合が気に入っていて
インクも随分残っているしで
去年もまだ絵柄だけはプリントゴッコで印刷しちゃいました。(^^ゞ
文字の印刷はワープロのリボンが気に入っていたのですが
こちらは機械が壊れてしまったのでPCで。


今年はいろはに。。。さんに年賀状が出せそうかな!?(*^^*)


※すみません。一旦削除してしまったコメントですが(^^;
 やっぱり一応載せさせて下さい。我が儘でごめんなさい。m(_ _)m

No title

読み返してみると、「油断アクロバット」のオチが抜けていましたね。
パソコンの時代では、ちょっと油断していると
質を支えていた人たちがいつの間にかいなくなってしまっていて、
ものづくりは綱渡りのアクロバットみたい…
と言いたいのでした。

ガリ版! 懐かしいですねえ。小学校の文集なんか
鉄筆で書いた記憶があります。
中学のときはなんと青焼きで新聞つくっていました。
現像液が臭いのにはまいりましたけど、あれも味がありました。

日向日和さんの年賀状、楽しみですね。
コメントに個人情報を載せるのはイマイチですので、
何かの方法で、こちらのメールアドレスをお知らせしますので
そのときに…。
ぼくの年賀状は、まだ考えていませんが、だいたいは版画です。
手づくりは楽しいですよね。
お気づきになったかどうか、
プロフィールのところの絵柄は2009年の年賀状の部分に
なっています。

No title

一応アドレスは↑に載せてあるのですが
分かりますでしょうか。
年賀状出す気満々なんですが(笑)宜しいですか。(^^ゞ

あっ。私からの年賀状は期待しちゃダメです。
毎年平凡過ぎる年賀状になっていてお恥ずかしいです。
いろはに。。。さんの「版画」と聞いて
ちょっと恐縮し始めました。。(^^ゞ
頂ける方としてはとても喜びます。(*^^*)

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。