コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

芸とおもてなしの心

芸

「芸は身を助ける」の芸って何でしょう。
お稽古ごと、習い事、芸事みたいなことで身につける
技をさすのでしょうかね。

先日、向島で「華のお座敷」というイベントを観てきました。
地元の町おこしの会が向島の魅力を知ってもらおうと
企画したものですが、ふだんなかなか見ることの
できない芸者さんによるお座敷芸が楽しめました。
若い芸者さんもたくさん出演していたのが驚きでした。

踊りや唄、和楽器の演奏はもちろん、立ち居振る舞いにいたるまで、
厳しく切磋琢磨されたなかの艶やかさみたいなものを感じます。
お客さんに楽しんでもらうために、先輩から受け継ぎ、
日夜修行を積み重ねて習得してきた技です。
まさに「おもてなしの文化」ここにありですね。

「幸せのヒントはコミュニティにある」ということばを
以前に載せましたが、そのときに大切なのがこの
「おもてなしの文化」だと思えるんですよね。
人に少しでも喜んでもらおうという心、
人に感謝する心…。
その心があれば、きっとそのコミュニティは
とても幸せだと思えるからです。

そこまで考えると「身を助ける」ための芸とは
つまるところ心のことですね。
(ちょっと飛躍しすぎ?)

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメントが遅くなりました。
う~ん。。妙な腑に落ちない感覚に捕らわれてしまった感じで
自分の考えがまだうまくまとまっていないです。
それなのに書き込みをしようとして・・ごめんなさい。
大体文章を書くのが苦手なのに
毎回書き込みをしている馬鹿な奴ですからね。(^^;

私がひかかってしまった点は、「おもてなしの文化」に関して。
私の認識不足が理由ですね。
それでちょこちょこと検索して調べてみました。
それでも考えが煮詰まった感じのままなんです。
今の自分の考えをまとめられそうにないのですが。。
それでもここでのコメントでの触れ合いは大切にしたいから。(*^^*)


結局大事なのは「心」だといつも思うんですよね。
誰もが「心」を磨いて、出会う人たちと穏やかな関係を築いていきたいと
願っていると思うのです。
その磨き方には色々有って、難しいんです。


まっ。いろはに。。。さんが素敵なイラストと文章を書いて下さるから
それを縁有って拝見できた自分は
それに対して何らかの反応を示しておきたい・・
そう思う心が私には存在するってことかしら。(*^^*)


結局何が書きたかったのか・・まとまりませんでしたが
ご勘弁を。。m(_ _)m


No title

日向日和さん。
いつもすてきなコメントありがとうございます。

「おもてなしの心」は、ぼくの文章が飛躍しすぎて
まとまっていなかったせいですね。すみません。

先日取材した墨田区内の自治会で行われたゲートボール。
http://www.sumida25.net/case_welfare.html#gateball
参加した人たちはほんとうに楽しそうで、うらやましいコミュニティだな
と思ったんですね。でもこの和気あいあいの雰囲気をつくるために
日ごろから声かけをしたり、いろいろな場を設けたり、
積み重ねがあってこそなのだそうです。
「どうすればみんなが気持ちよくハッピーに暮らしていけるか」と
みんなが同じ思いになったからこそなのだと思ったんです。
どうすれば相手が気持ちよくなるかを考えて
形に表すのが「おもてなし」なら、
コミュニティのありようも、向島芸者のめざすものも同じで
たいせつにしたい心だなと感じたものですから。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。