コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

真似るが価値

真似

ものごとに上達しようと思ったら、
模倣から始めると早道な場合が多いですよね。
もちろん、形やアイデアを盗むっていうことではありません。
何と言いますか~、スタイルを真似るって言いますか。

例えば文章だったら、『天声人語』の執筆者が
「文章は、いちばん自分が言いたいことを頭に
もってくると魅力のある文章になる」と言っていたら、
とにかく真似てみる。
…確かに読んでみたくなる文章になります。
あるTVディレクターから「文章は、しりとりのように考える書きやすい。
前の文章のお尻をとって、つなげていくんですよ」
と聞いたら、さっそくこれも真似…。
確かに読みやすい文章になります。

作文嫌いのぼくが、最初に文章のお仕事をいただいたときは
何とか短期間に習得しなければならなかったので必死でした。
そんなとき、この「真似」はずいぶん役立ちました。
もちろん今もコピーライターみたいに
魅力的な単語が次々湧き出るわけでもありませんし、
ひとつの言葉遣いだけでもえらく悩んでしまいます。
「ニーズが多様化し…」みたいな、よく使われる言葉で
何時間も悩んでしまったりするんですね。
「ぼくらは、ほんとうに多様化したと言えるのだろうか
メーカーにだまされているんじゃないだろうか。
あるいは実はアメリカの戦略じゃないだろうか」といった具合に
妄想が止まらなくなったりして…。
言葉を鵜呑みに真似るのだけは、いやですね。

ところで、テニスはいくらスタイルを真似しても
上達しないようです。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は自分で新しい物を創り出すという事は苦手で
「あっ。いいな。」と思った物を真似て
作っていく過程で自分なりの工夫が追加されて
作品が出来上がっていく・・そんな感じかな。

文章を書くのは小さい頃から大の苦手。(>_<)
ただ「伝えたい」という気持ちが湧いてくる質みたいで
そのためにやっとこさ書き綴っている次第です。(^^ゞ

ネットを始めて色んなHPを覗いていると
魅力的な言葉や写真に出会えます。
ただその奧に感じられる人間性・感性みたいなものに
如何に自分の興味関心が湧いて
不思議な縁やタイミングと重なってコメントになるようです。


私は歯切れの良い文章が好きですね。
でも書いてみたいのは、ほわっとする穏やかな書きぶりの文章。
優しい文章に憧れるのですが
こればかりは性格が邪魔するのか、無理みたいですね。(涙)


友達から送られてくる携帯メールをとってみても
皆それぞれ書きぶりが違うのが面白い。(*^^*)
友達らも色んな人からのメールが届いて
それなりの影響は受けていると思うんだけどなぁ。


毎回長々とコメントを書きまして ごめんなさい。
(時にはいろはに。。。さんの文章よりも長かったりして。笑)
自分がHPを持っていないために
あれこれ書いてここで鬱憤晴らしをしているような。(^^ゞ
コメント内容については多少時間をかけて考えているつもりなのですが
いつもまとまりがなくて。。最後のしめくくりも下手で。

でもいつも楽しませて貰って~ありがとうございます♪

どうも、こんばんは。
文章を日々多く扱う中で、
よく考えずに使ってしまうこと、反省です。
文章について、ひとつ気をつけていることがあって、
「自分のよく知っていることしか省略してはいけない」ってことです。
書いてる人が、わかってて省略してるのか、
それとも、なあなあで省略してるのか、
読む人は気づいちゃうよ、っていう教えです。
あらためて、気をつけてみたいと思います。

松岡正剛は、
「文章の中では『けたたましいハンバーグ』なんて表現ができるのがと驚きだ」と言ってます。
私も、もっと自由に楽しく言葉を使いたいなっ、てことで。

No title

日向日和さん、hosodaさん、コメントありがとうございます。
文章には皆さんも、いろいろとご苦労されているのですね。
仲間が増えた気がして、うれしいです。

金曜のNHKで「あなたのケータイの予測変換ワードを見せてください」
というおもしろい企画のドキュメンタリーをやっていました。
メールを打つときに最初の1字を入力すると、
画面の下の方に、最近入力したことばが候補として
表示されるアレです。
「ね」で「寝ます」「寝られない」「寝ました」と
寝ることばっかり表示される女子大生。
「ひ」で「品行方正」と表示される
最近酔っ払って失敗をしたと言うOL。
「む」で「向き合いたい」と表示される
最近、カレシにふられたと言う女性…。

文章とは違うけれど、その人らしい表現で、暮らしぶりとか
気持ちとかが伝わってくる気がして、おもしろいかったです。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。