コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

月夜も十五日 闇夜も十五日

月夜に

月に関する故事ことわざは、けっこうあるんですね。
いろはかるたでは「月夜に釜を抜かれる」となっています。
明るい月夜といえども油断していると釜を盗まれるの意。
「月夜に提灯」は役に立たないもの。
「月とスッポン」なんていうのもありますね。
昔はよっぽど月夜が明るく感じられたんでしょうか。

今回のお題「月夜も十五日 闇夜も十五日」は、
世の中にはよいときもあれば悪いときもあるという
たとえだそうです。
思えば3年前に独立する前は、会社勤めだったのですが
いろいろあって、ほとんどノイローゼに近い状況でした。
毎日が闇夜でしたね。
独立後は昔からの仲間や、ずっとおつきあいくださった方々に
たくさん助けられました。ほんとうに感謝です。

そしてこのブログも、毎回見てくださる方がいて
温かい言葉もいただき、とてもうれしいです。
ご覧の皆さんにも月が回ってきますように…。


テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は週に4日程度ウォーキングをしています。
こちらは地方の田舎町ですが、ネオンや街灯・家の灯り等のお陰で
懐中電灯が無くても歩けます。
私が生まれ育った山奥では考えられない事。(^^ゞ
満月の夜の明るさはとても有り難かったものです。

都会では地上の明るさが仇になって
月の明るさが味わえなくなっているのでしょうね。
もちろん星の輝きもあまり感じられなくて
たまに実家に行くと見える星の多さに感激します。

だからかな「闇夜」って聞くととても怖い感じがします。
闇夜から抜け出せたいろはに。。。さん・・
良かったですね。月夜が長く続きますように♪


私の場合はどうだろう?
仕事は現在の社会情勢等から芳しいとは言えないけれど
何とか仕事があるだけマシかなと。。
しかしいつ闇夜に陥るか・・そんな心配も決して無くはないです。

私にとって今までで一番辛かった出来事は
長女が中学時代不登校だった事でしょうか。
娘の将来を考えるとどうなるのか・・
いつ抜け出せるか分からないトンネルに入った気持ちで
悲観的になった時も多々ありました。
しかしそんな中、色々な出合いや気づきがあり、苦しいながらも充実していたような。。
まっ。今は懐かしい思い出になりつつあるから
言える事かもしれません。(^^ゞ

今抱える問題は結構有る日向ですが
それが「悩み」に感じる程には落ち込んでいないかな。
楽天家という訳でもないのですが
随分物忘れも酷くなってきているのも幸いしているかな。苦笑


さっ。良い月が回ってくるように・・頑張らなきゃ!(*^^*)
いろはに。。。さん ありがとう♪

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。