コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

時をかける箱

玉手箱

玉手箱の正体、じつはタイムマシンだったという説は濃厚です。
浦島太郎は未来にタイムスリップしてしまったというわけです。
浦島太郎を考えた昔のひとも
時間旅行ができたら…と想像力を働かせたのでしょう。

物語づくりには、このようなワクワクさせる小道具は
欠かせませんね。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイムマシン・・一度は使ってみたい道具ですね!!笑 (*^^*)

映画「ツナグ」であったような、
亡くなった人に一度で良いから会えると言うのも
ちょっと興味有る魔法です。(^^ゞ

私的には鏡に興味があります。
少し美人に映って欲しい・・なんてね。笑
それとか考えている事が映し出されるとか!?

あはは。やっぱり考えていると楽しくなりますね♪

No title

鏡かあ。
おもしろそうですね。そもそも鏡に映っている世界は、
現実の世界ではなくて、逆の世界ですもんね。
自分の顔も、よく映る角度にしちゃったり。
それだけでもちょっと美人なわけで。
考えていることが映し出されたら、こわい〜。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。