コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

特撮博物館に行ってきました

特撮博物館

特撮博物館に行ってきました。
ウルトラマンやゴジラの撮影で実際に使われた
特撮のためのミニュチュア模型や技を一堂に会して
紹介するイベントです。
ウルトラマンやゴジラ、ガメラは、まさにリアルタイムに
子ども時代だったので、めっちゃ懐かしかった〜。

今では、ほとんどSF映画がCGに取って代わり、
特撮はめっきり少なくなってしまいました。
ミニチュアのセットや怪獣たちを造り、
撮影方法を工夫したり、火薬や風で効果を出したり…
たくさんの特撮職人の技が輝いた世界だったわけです。
ここでも、やはり職人の技が時代の中で消えていこうと
しているわけです。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も同じ年代ですので
ウルトラマンやゴジラは見ていましたね。
今、あの頃の画像を見るといかにも作り物って感じですけど
夢中になって観ていた自分の姿を思い出します。(^^ゞ


今のCGだっていつかは見劣りするものになってくるんでしょうね。
時代の流れと言えばそれまでなんでしょうが
残しておかねばならない職人技・・
どんな風にして伝えれば良いんでしょうね。。

No title

昨日のクローズアップ現代で、音楽評論家の故・吉田秀和氏の
ことばを取り上げていました。
福島原発事故後の答弁「想定外でした」のことばに
「日本人はいつから自分の力で考えることをやめてしまったのか」と
嘆かれたそうです。

自分の力で考えて、自分の考えが正しいと思えば
勇気を出して発言する…。それには想像力がたいせつで
その想像力を培ってきたのが、職人の文化なのでは
ないかと思うわけです。
じつは「子どもたちの想像力を育てたい!」が
紙芝居プロジェクトのメインテーマなのです。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。