コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

葦の髄から世界は見える?

葦の髄

現代の葦の髄は、光ファイバーってことですかね。
圧倒的な情報伝送量で、あたかも世界とつながっているように
見えるけど、実はそこにあるリアルには
とうてい及ばないですから。

そういえば1968年、今から41年以上も前に出版された
『2001年宇宙の旅』の中におもしろい一節を見つけました。
地球から遠ざかっていく宇宙船の中で、主人公のフロイドが
「ニューズパッド」という電子新聞を読んでいるシーンです。

~細かい電子新聞の見出しを眺めているうちに、よく思いおこすことが、もう一つある。コミュニケーションの手段が発達するにつれ、その内容がますますつまらなく、安っぽく、陰惨に見えてくることだ。事故、犯罪、天災、人災、戦争の危機、暗澹とした社説――宇宙区間にばらまかれる何百万、何千万の語句の主要な内容は、いまだにそんなものばかりらしい。~

パソコンなんかなかった時代に、アーサー・C・クラークは
今の時代をきっと予見していたんですね。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

葦の髄を光ファイバーに見立てて
その先にある大事なことをちゃんと見据えていらっしゃる・・
さすがいろはに。。。さんですね。
私もそれをしっかり肝に銘じて取り組みたいと思います。


もうネットに、携帯メールに夢中(苦笑)っていう時期は通り過ぎてしまったけれど。
色んな生き方や考えを知ることは楽しいけれど。
身近な人間関係を疎かにしないように気をつけて
一つひとつの出会いを大切にしていきたいです。

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。