コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

支え合いグループ

支え合い

今年も、大腸検診に行ってきました。
例の肛門から内視鏡突っ込んで大腸を診るアレです。
何といってもツライのが、検査のために1.8リットルの下剤を
飲んでおなかのなかのものを、すべて出さなくてはならないこと。
だいたい何人かのグループで受けることになるので、
テーブルの上にドンと置かれた下剤をちびちびやりながら、
そのときを待つことになります。

不思議なもので、初対面なのにグループの連帯感が生まれます。
「出ましたか?」
「まだ3回、もうちょっとみたいです」
きちゃない話なのに、みんなの目標がはっきりしているので
不思議と和気あいあい。
そういえば、痔の入院病棟の連帯感はかなり強いと
聞いたことがあります。
共通の苦しみの前には、生まれる絆なんですね。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もそろそろ受けておきたいと思っている検査です。
腸の大掃除をしてから受けるのもちょっと魅力的かな・・なんて
知らない者は言っています。(^^ゞ
宿便なんかも取れてしまうのかなぁと。


同じ苦しみに立ち向かう連帯感・・有りますよね。
病気だけでなく、
同じような苦しみを経験した者だからこその共感は
話をしていても説得力を感じます。
(私の場合は、不登校や姑のとの仲などかしら。。(^^;))

自分の苦しみを少しでも理解して貰えるのは
不思議と心の安らぎに繋がります。

今年を表現する漢字は「絆」になったようですが
この漢字を見るだけでも心強く感じます。

No title

先生に言わせると、
「大腸検診は毎年1回ぐらい受けるといいですよ」だそうで。
まさに腸の大掃除になるからだそうです。
そのうえお腹の中を空っぽにするので、瞬間的に
2~3kg体重が減ります。そのままキープできれば
減量にもなるかな。なんちゃって…。
すぐに元に戻りますけど。

あ、それと、けっこう高いので
保険がきかないとつらいですよ。
ぼくの場合は市の健診で「要検査」になったので
保険がききましたが。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。