コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

破れ鍋に どじブタ

破れ鍋

「破れ鍋に綴じ蓋」は、どんな人にも、
相応のピッタリ合う相方がいるという意味だそうですが、
破れ鍋も綴じ蓋も、見たことがない
そこまでものを大事に使った経験のないボクには、
分からない生活観です。
「あこがれの夫婦像」ということなのでしょうか。

そういえば昔、ボロボロになるまで
使い込んだものに対するあこがれはありましたね。
大阪弁で言うなら、「さらっぴんはカッコ悪い」と。
堀内孝雄にあこがれて、フォークギターのピックガードわきの
木の部分をボロボロにしてみたりとか、
石森章太郎にあこがれて、中指にペンだこをこしらえたり、
中学では不良先輩風にあこがれて
学生帽をぺたんこにしてみたりとか…。
ものを大事にすることとは、程遠くてしかられそうですけど。

でもきっと、ぼくらの年代にとって
あこがれて、スタイルから近づくことは
最重要課題だったのです。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カルタの絵が目に入った瞬間
「私がお風呂に入っている?」と思いましたよ。
まさかいろはに。。。さんが私を知っている訳もないでしょうけど。笑

ピッタリの相方・・
私にとっての旦那はそんな感じで
こんな良い人と一緒になれて良かったと感謝しているのですが
旦那の方は・・・イマイチみたいです。苦笑


今年の冬、土鍋を新しくしたところです。
鍋の底に出来たひび割れの線がとても気になって。。
鍋をしている最中に割れでもしたら大変だと思って。
なかなか修繕して使う気にはなりませんでした。

物に対する執着心は最近徐々に薄れてきています。
あの世に持って行ける筈もないしと。
ただ今大事にしているのは「思い出の品」かな。
娘たちには「母さんが死んだらこれらは意味がないものだから
さっさと処分しなさいよ。」と言い聞かせています。


何かを始めるのにはやっぱり格好からでしょ。笑
他の人から見れば似合っていないのがバレバレでも
ちゃんとやっていれば
やがてそれが似合ってくるものですよね。

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。