コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ムシューだ

無臭だ

取材で中学生と話していたら、昭和時代になんとなく
懐かしさを感じるという話が出ました。
古いデザインの家電製品や丸いテーブルを囲んだ
一家団欒のイメージなんでしょうかね?
しかし彼らの懐かしさの中には、きっと匂いはないんでしょうね。
駄菓子屋に行っても、友達の家にいっても、感じられた
あの独特の臭いが、「懐かしさ」を形づくる
大きな要因だったような気がします。

いまや、消臭ブーム!
確かに
ホテルの部屋が、カビ臭かったりタバコの匂いがこびりついていたら、
真っ先にファブリーズしちゃいたくなるし、
じっさいに消臭効果はなかなかです。
しかしね~。今の子どもが大きくなるころには、
「懐かしい」から臭いがなくなるんじゃないだろうか。

などと心配しつつも、加齢臭が気になるオヤジでした。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それぞれの家が持つ匂いってありますよね?
我が家ではそれほど感じなくても
余所のお宅にお邪魔すると感じてしまうこと。
何の匂いもないのって
ちょっと寂しい気がします。

「匂い」も記憶を呼び起こさせる要因の一つですよね。
金木犀の香りは祖母の葬儀の日を。
ネーブルの皮を剥いた時の香りは・・。

私は「匂い」には割りと敏感です。
と言うか、苦手です。
特に香水!!(>_<)

昨日も吹奏楽コンクールを聴きに行っていたのですが
隣に座られたご婦人の香水が駄目でした。
暫くすると頭が痛くなってきて
音楽どころではありませんでした。
ホント消臭スプレーを振り掛けてやりたい気分でした。(^^;)

最近特に感じる旦那の臭いにも困っています。
多分お酒を飲み過ぎるために起こっている内臓からの臭いだと思うのですが
酷く臭い日がよく有るようになっています。
好きな旦那の事だから多少我慢は出来るのだけれど
こんな状態で仕事場に出られたら
周りはさぞかし困っているだろうなぁと。(>_<)
何か良い手だてはないものでしょうか?

加齢臭とはまた違っているように思いますので。


PS. タイトル「ムシューだ」についつい音楽がついてしまいます♪

No title

自分の臭いというのは、なかなか自分では気がつかないものですね。
いびきや歯ぎしりといっしょです。
以前、知り合いの映像ディレクターと取材に行ったとき、
取材先で同室になったそのディレクターのMさん、
なんと睡眠中に呼吸が止まるんですね。
こちらは心配になって眠れなかったんですが、
翌朝「呼吸止まっていましたよ」と言ったら
たいへん感謝されました。
「ぜんぜん知らなかった」と。
身近な人が言わないと分からないことってありますよね。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。