コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

レトロは繰り返す

レトロ

扇風機までが「レトロ」と呼ばれる時代が来るとは、
あのときは、まったく意識していませんでした。
「ワレワレハ ウチュウジンダ」も。
昭和時代のあのころの機械たちは、
じつは古くなるほど魅力があったんですね。
使っているときは気づかなかったけど。
チャンネルが抜けちゃうテレビとか
「なんとかして~」と当時は思っていたけれど。
そういえば白黒テレビがカラーに見えるスクリーンは
友だちんちにありましたね。

歴史は繰り返すというけれど、今の機械たちは
40年後にレトロになるのかしら?
薄型テレビも?
将来、スターウォーズみたいに3Dのホログラムが主流になれば
薄型テレビもレトロかなあ。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメントに悩み続けて・・十日も経っちゃいました。(^^;)
PCの前に座る時間が減ってしまったのが理由です。笑
未だに書く内容がまとまりませんが
頭に浮かんだ事を書き記させて下さい。(^^ゞ


広島県福山市にある「みろくの里」では
昭和30年代の町並みを再現した場所があります。
10年程前に子どもたちを連れて行ったのですが
懐かしさを楽しんだのは夫婦だけで
子どもたちにとってはそれほど楽しい場所ではなかったようでした。

昔を懐かしむ・・のはやっぱり歳を取った証拠でしょ。(^^;)
(若い人には新鮮なものに映っているのでしょうね。)

機械だけではなく
家具やファッションにおいても
レトロと呼ばれるものの中には不思議と心惹かれるものがありますが

古い家具や家屋の良さが分かったとしても
私自身それらを使うか?と訊かれたら・・
私の性格では無理。ごめんなさい。m(_ _)m
どうしても機能性を重視してしまいがちなのです。

建物のリフォーム番組を見ていると
全て取り壊して新しく作る方が断然素敵なものが出来上がりそう・・
そう感じる物件をよく見掛けます。
でも建物にまつわる思い出を大切にする姿勢が大事なのかなと。


これを考えていたら
「断捨離」という言葉が気になってしまいました。

いつまでも使えるものは使っていきたいですね。
(我が家のテレビはもうすぐ映らなくなっていまいます。(^^;))



No title

このあいだ、女子の鉄道オタク「鉄子」の話を
NHKでやっていたのですが、
その子(二十歳ぐらい)は鉄道の写真を撮るのが好きなのです。
それも「JNR」(旧国鉄)のエンブレムの入った車内の
扇風機や昔の急行列車の車両なんかがつぼなんですね。
「懐かしい」だけではない魅力というか、
古くなればなるほど、使い込めば使い込むほど
魅力を増すものを、大切にしたいと最近思うように
なりまして。
プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。