コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

花の下より鼻の下

花の下

鼻の下とくれば、伸びてしまうもの。
つまり女性と思ってしまったわけですが
本当のこのことばの意味は違いました。
鼻の下にあるのは口。食べること。
つまり「花より団子」と同じ意味なんですね。

待てよ、ぼくにとっては
食べることも、女性にもてることも
どちらも生きる意味の最重要課題なのです。
なので、
このことばも「元気が出るかるた」に入れてみました。

残念ながら、
いま、ぼくの鼻の下は花粉症で
鼻水まみれの悲惨な状況ですが。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

老人力

老人力

近くのものが見づらくなってきたり、
もの忘れが多くなってきたら、
「ほうワタシも老人力がついてきたようだな」と言おう。
という「老人力」。
ムサビ出身(中退だったかな?)の大先輩、赤瀬川源平作の同名の本が、
人気を博して1998年の流行語大賞にもなりましたね。

まだ自分でも老人とは言えない年齢とは思っていますが、
確かに目や耳や記憶力は、若いころに比べれば衰えてきました。
人からそのことを指摘されても、がっかりしたり、ナニクソと思わず、
老人力がついてきたと思えばちょっと元気が出るような気がします。
「ものをうまく忘れる力」もついてきたし、
「細かいことが目に入らない力」もついてきた と。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

一運二腰三拍子

一運二腰

相場でもうけるこつ。一に幸運、二にねばり、
三はチャンスを逃さないことだそうです。
しかしこれ、いろんな商売に通じる
「元気にさせるキーワード」に思えます。

大間のマグロを追う漁師がこんなことを言っていました。
「マグロは釣るものじゃなくて、マグロに選んでもらうもの」と。
その名人でも何カ月も釣れないこともあって、
そんなときは、できる限りのことはやり尽くして、
あとは待つだけしかないそうです。
マグロがえさを飲み込んで引きがあると
絶妙なタイミングで糸を引っ張るんですが
そのときの腰の使い方が名人芸なんです。

運と腰とタイミング…
なんとピッタリ、このことばにあてはまるんですね~。
ちなみにその漁師さん、ねっからの博打好きと言っていましたが。

デザイナーの仕事にも、ちょっと通じるところがある気がします。
いただいた仕事をこつこととやることは大切ですが、
それだけでは、自分ならではのものはなかなかできない。
仕事の横あたりに、提案したり働きかけたりすれば
もっとおもしろくなるチャンスが必ずあるんです。
そこをちょっとねばってみると、
たまには道が開けたりするんですね。
そこが、このしごとの醍醐味です。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

今日も電車で メイキャップ

今日も

ほう、長いまつげはあのようにして出来上がるのか…。

昔は見ることのできなかったことまで、
電車の中で日常的に見られるようになりました。
そこまで見せちゃっていいの?
なぞなほうがいいんじゃないの?と思うこともありますが。

最近のハリウッド映画を観ていても
血が飛び散ったり、人間がこなごなになったり。
恐怖映画のはずが気持ち悪いだけで怖くなくて。
そんなときには「またこれか」と思っちゃいます。
すべてを見せないで、なぞをなぞのまま取っておく感覚
大事にしたいと思うんですけどね~。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。