コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

連木で案を練る

連木で

「連木で腹を切る」とは、不可能なことのたとえだそうですが
アイデアを練るのもきっと不可能でしょう。

企画もののポスターやパンフレットのデザインは
ほとんどの場合アイデアが勝負です。
ポンポンとアイデアが出てくればいいのですが、
なかなか湧いてこないのが常なんです。
特にパソコンのスイッチが入っている間は
いろんなことが気になってまず無理ですね。
逆にパソコンが使えない状況…、例えば
電車に乗っているときなんかは、
集中できたりします。
熱中しすぎて目は開いているのに乗り過ごすことも
ちょくちょくですが。

パソコンが点いている間は、とにかく
「メールチェックしなきゃ」
「スケジュールも作んなきゃ」
「プリントアウトしよう」と、
なんだか、パソコンに急きたてられて使われている心理状態に
なるんですよね~。

山芋でもゆっくり擂りながら仕事ができれば
最高なんですが。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

シュワッチ!

ウルトラマン

少年だったぼくらに勇気を与えてくれた、
まさにこのポーズ。
ウルトラマンが光の国から地球を救うために
やってくるときのポーズですね。
(あれは隼人隊員が変身するという設定だったかな?)
浅草の松屋デパートの屋上でみつけました。
何人のちびっ子を背中に乗せて空を飛んだことでしょう。
ところが残念なことに、5月末で松屋は屋上遊園地から
撤退するそうです。
もう見られなくなっちゃうんでしょうかね。

松屋浅草の屋上からは金網ごしに、
東京スカイツリーの建設中のようすがよく見えます。
またひとつ昭和が消え去っていくのとは対照的で、
せつない気持ちにカラータイマーが点滅しはじめました。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

大食上戸も五十まで

大食上戸
40代後半から急に食べる量が減りましたね。
昔は、あんなにたくさん食べていたのに…、
今から考えると嘘のようです。

ホテルといえばバイキング。
焼肉といえば食い放題。
鍋ものといえばたっぷり食べたあとにオジヤ。
家族からは、残り物を片付けるダスターシュートと
呼ばれ…。
それが今では娘にも負ける始末で。

ま、これからは少しの量でもゆっくりと
味わって食べたいものです。
食の楽しみが人生の意味のかなりの部分を
占めていると思うものですから。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

よこ槌で鉄板を掃く

よこ槌で

「横槌で庭を掃く」という句ですが、
横槌がどういうものかもわからなければ、
それで庭を掃くことがどういう意味なのでも
さっぱりわからない。
辞書によると横槌は藁をやわらかくするために
たたく木槌だそうですが…。

槌とはちがいますが、この日曜日は「かえし」(こて)を
さんざん使いました。
町会のコミセンまつりで焼きそば焼き担当だったもので。
2枚の鉄板で男性6人がかり、午前中のみでしたが
たぶん800食近い焼きそばを焼きました。
も~腕はパンパンです。
ワイワイ言いながら、ひたすら焼くことに
専念して…。こんな一日もなかなかに楽しいものです。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

陰裏の技も 消え時?

陰裏の豆

決して表に出ることはないけれど、
デザイナーになるためには習得しなければならない
技が、ひと昔前まであったんですね。

烏口(からすぐち)が使えること、
筆でムラなくポスターカラーを塗れること、
モノクロ写真の現像ができること…

学生時代には先輩や先生から教わって
一生懸命やったものですが
実際の仕事でその技が生かされることは
めったにありません。
版下屋さんや製版会社、写真の現像ラボに仕事を頼むさいに
バカにされないように基本を学んでおくという
意味合いがほとんどだったのでしょう。
コンピューターでデザインができる今では、
まったくといっていいほど意味のない技です。
版下屋さんも製版職人も写真のラボも
ほとんどいなくなってしまいましたし。

さてぼくらが次の世代に伝えられることは
何でしょう。
それは、技の伝授にそれほど大きな意味がなくなった分、
シンプルになった気もします。
結局のところ「ハート」ですよね。
「徹底的に読者目線で」
「クライアントの思いを伝える」みたいなこと。
ドラッカー風に言うと
「マーケティング」と「イノベーション」だったり…。

「技」を習得することなしに
この「ハート」だけが伝わるかどうかは
けっこう難しい問題ですけど。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。