コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

花より だるま

だるま

桜のようにすぐに散ってしまう花より、
だるまのように転んでも転んでも、
しつこく起き上がりたいもの という意。
決して、ぼくの体型がだるまっぽいということではありません。

きょうのNHK「ようこそ先輩」で桂米團治が
自分のだめなところ、欠点を笑いに変えるこつを
やっていました。
何か面白いことを探してくるようにという宿題に
「何にも面白いことなかった」とある女の子が浮かない顔。
それに対して米團治は、
「どれだけ面白くなかったかを話してくれたら
それがおもろいんとちゃうか?」という具合です。

なるほどですね。
これはお話づくりのヒントになりそうなので
メモっとこっと。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

六十に三つ子

鉄人28号ごっこ

1960年、ぼくは3歳でした。
3歳の時の思い出は、ほとんどありません。
あったとしても、後になってアルバムを見たり、
両親の話を聞いたりして再構成された思い出と
ごっちゃになっている気がしています。

さて1960年代。「○○ごっこ」が遊びの中心でしたね。
棒切れを振り回して、例えばかっこいい鉄人28号に
なりきるわけですから、その想像力は大変なものです。
想像の中ではランドセルがロケットになったりだってします。
かなり想定に無理があっても、なりきれましたね。
しかも今考えると不思議なのですが、
いっしょに遊んでいる近所の子らとも
いつの間にか、ひとつの世界に入ってしまえるところ。
「スペシューム光線だ」「しゅわっち」とか言って
「いいもん」と「わるもん」に分かれて闘うわけです。
プロレスごっこ、戦争ごっこは定番ですが
何と言ってもテレビの影響力は絶大です。
鉄人28号ごっこ、007ごっこ、忍者ごっこ、
ウルトラマンごっこ、サンダーバードごっこ…。

変わったところでは、
小学校6年ころにはやった「ローラーゲームごっこ」。
ローラーゲームは、プロレスと競輪とスピードスケートが合体したような番組で
当時、ぼくらの間ではプロレスの次ぐらいに人気がありました。
2~3年で姿を消したので、今では知らない人も多いですが。
もちろん、ローラースケートは買ってもらえないので、
1年生の教室に思いっきりワックスを塗ってツルツルにして、
靴下でスケートみたいに滑って、「大車輪ホイップ」とか
「ダブルジャマー」とか、プロレスみたいな技をやるわけです。
これには、かなりハマりましたね。

…こんな話をしだすと止まらなくなるので、
このぐらいにしておきます。
60歳ぐらいになると、あのころの想像力が取り戻せると
おもしろいのにな、などと思いつつ。
そして、「ごっこ」が死語にならないことを祈りつつ。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

位置を聞いて十を知る

位置を聞いて十を知る

インターネットはめちゃ便利になりましたね~。
たとえば待ち合わせ。
住所さえわかれば、地図はもちろん、所要時間も、
場合によってはストリートビューで町並みも
チェックできるし。お店ならクーポン券まで
プリントアウトできると…。
「そこを右に行って、突き当たったら左で」。
一昔前の、電話で場所を伝えようとして、
うまく伝えられない時の、あのもどかしさが夢のようです。

そういえば、Googleマップの押上あたり、
スカイツリーの工事中の写真が山ほどあります。
今、東京で最も注目の場所だから当然なのですが
こんな風に、もし自分の写真が大量に出ていたら、
恐いものがありますね。
たまには自分の名前もちゃんと検索しておかないと
何が起こるか予測さえつかない世界ですから。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

魚心あれば水心

カプチーノ

明けましておめでとうございます。

やはり例年どおり元旦になって、やっと年賀状を仕上げる始末で、
元旦にブログも更新をと思っていたのが
遅くなってしまいました。

さて、デザイン・カプチーノにしびれました。
エスプレッソ珈琲にあわ立てしたミルクを注いで
ハートや模様を描く、アレです。
プロがやるとまるで魔法のようなんですね。

そういえば人と人との出逢いも、魔法のようなところがあって、
始めはドッキリが、ドキドキになって、
やがてワクワクするという具合に。
表題の「魚心あれば水心」は、ちょっと違いますか。
おとそ気分が抜けず支離滅裂ですみません。

今年もよろしくお願いします。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

いろはにオヤジ

Author:いろはにオヤジ
50代から始められて80歳まで続けられるしごとがきっとあるはず。そうだ!手づくり紙芝居オジさんをやってみようと思いまして…。子どもたちのきらきら笑顔を目標に、物語づくりにチャレンジします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。